世界初演・新作バレエ公演

こどものためのバレエ劇場 「竜宮 りゅうぐう」~亀の姫と季(とき)の庭~

新国立劇場・バレエHP

 

【メッセージ】
森山開次(演出・振付)
新作バレエ『竜宮』は、「御伽草子」の浦島太郎を下敷きにしています。
その物語を読んで私が先ず驚いたのは、助けたカメが竜宮城のプリンセスだったこと。そして一番驚いたのは太郎がお翁(じい)さんになったあと、さらに鶴に変身して亀の姫と再会、最後には鶴亀の夫婦明神(めおとみょうじん)となって人々を守っていったという話です。「なんで鶴に変身するの?」って、 子どもたちにもびっくりしてもらいたい、そしてバレエらしいロマン溢れる舞台を皆様にお届けしたいと思っています。「御伽草子」の竜宮城は島、陸の上にあるのですが、このバレエでは海の中に設定し、 ふぐやタコ、マンボウなど愉快な海の仲間たちが登場して太郎を<おもてなし>します。
今回は、美術・衣裳までトータルで担当させていただくので、身が引き締まる思いです。でも多くのプ ロフェッショナルなスタッフがサポートしてくれ、私のプラン、世界観を具現化してくれる、その共同作 業がとても楽しい。一人では舞台は作れるものではないことを、改めて感じています。
新国立劇場バレエ団とのコラボレーションは、昨年秋のワークショップから始まりました。私の振付は コンテンポラリー・ダンスに分類されますがオリジナルで、バレエもベースに取り込んでいます。今まで は、私が先ず踊ってみせることが多かったのですが、イメージを伝えるだけで「バレエだったら、こうい う動きがある」とアイデアを出してくれる。クラシック・バレエの伝統を保ちつつ新しい表現へ挑戦しよ うとする新国立劇場バレエ団のメンバーの<創作に対する意識>は、とても高いと感じています。
この作品にはテーマとして「時」が流れています。竜宮城には、不思議な「季(とき)の庭」があり、 一度に春夏秋冬の美しい四季を堪能することができます。太郎が竜宮城にいる間に 700 年もの年月が経 過していました。ふるさとで玉手箱を開けた太郎はお翁(じい)さんになってしまいます。
玉手箱には、 時が封印されていた、そうこれは「時の物語」なのです。 時とは何か。そして、竜宮城とは何か。なぜ、太郎は故郷に帰ったのか。現代を生きる私たちも「今」と いう時をどのように生きるべきか、あらためて見つめることができるかもしれません。ダンスや音楽は、 時の芸術でもあります。そして舞台は、今を共有できる時の空間。舞台上の一瞬を届けるために、私たち は鍛錬と稽古を繰り返す。
当たり前のようにあった<舞台のありがたさ尊さ>をあらためて感じる今。時の感覚も違って感じら れます。新国立劇場バレエ団のみんなと、今また創作ができる喜び。どんな『竜宮』が誕生するか、心か ら楽しみにしています。

【ものがたり】
《第一幕》
むかしむかし ある島に 浦島太郎という心の優しい青年がいました。
ある日、浜辺で子ども達が亀を面白がっていじめるのを見た太郎は、亀を助け、海に逃してやりまし た。その晩、太郎は、風を切り、光を放ち、大空を飛んでいる不思議な夢を見ます。次の朝、波の中から 昨日助けた亀が現われて言います。「お礼に、竜宮城にご招待をさせてください。」亀の背中に乗って、い ざ海の旅へ出ると、波が二人を運び、魚たちと光がきらめいて、水と空の二重の風景が太郎を包んでいま す。
この亀は、竜宮城のプリンセスだったのです。辿りついた竜宮城では楽しい宴が始まり、美味しいお酒 と料理、魚たちの歌と踊りで太郎は厚い接待を受けます。とりわけ亀の姫の舞は、妙なる美しさでした。 心の優しい太郎に惹かれた姫と太郎は互いに心を寄せ合い、恋に落ちます。 そして時は瞬く間に過ぎていきました。
《第二幕》
亀の姫と夢のような時を過ごす太郎は、竜宮城に「季(とき)の部屋」があるのを知ります。
その部屋の四方の襖の向こうには、それぞれの四季の庭が広がっていて、四季の美しさを一度に堪能で きるのです。長い時間入ってはいけないこの部屋に「少しだけ…」と入ってしまった太郎は、日本の四季 に感動し、故郷の美しさをあらためて思い出します。我に返った太郎は「故郷に帰らなければ」という思 いを亀の姫に伝えます。泣く泣くその思いを受け入れた姫は、玉手箱を太郎に授け、別れを告げるのでし た。「この玉手箱は、竜宮城に受け継がれてきた、大切な宝の箱。あなたへの愛の証をこの箱に閉じこめ ました。でも、決して開けてはいけません。」
太郎は、再び波に運ばれて海を進み、気がつくと、浜辺に倒れていました。 あたりを見回すと、寂しげな気配。そこは、700 年の歳月が流れた浜辺でした。人影はなく、老松だけが 佇み、子ども達の声も聞こえません。途方にくれた太郎は、抱えていた玉手箱を開けてしまいます。する と、玉手箱から煙が立ち上り、みるみるうちに太郎は老人になってしまうのです。年老いた太郎は、涙し ながら全てを受け入れて行きます。「時の流れの中で生きる、限りある命のこと」「すべてを産んでくれた 偉大な母なる海のこと」を。 そして鶴に姿を変え、大空に飛び立ちます。風を切り、光を放ち、空を飛 ぶ明神となった太郎。「あの時みた夢は、このことだったのか!」そこへ、亀の神となった亀の姫があら われます。亀の姫は鶴の浦島太郎とともに、この島の夫婦明神(めおとみょうじん)として、未来永劫、 島の民の守り神となりました。
めでたし めでたし!